2017年6月24日 (土)

行ったことのない近場の温泉シリーズ

こんばんは

今日は市貝の「市貝健康保養センター」に行ってきました。
入浴料は町民じゃない人は550円です。
良いところ:
空いている
ガラス張りの向こうに滝があって景色が良い
イケテないところ:
いかにも温泉センターっぽくて風情がない。プールみたい
露天風呂がない。サウナがない。
塩素がちょっときつい、薬湯風呂の入浴剤の香りが全体を支配している
注意書きが一杯書いてある
食事施設はない
大浴槽、泡風呂、超音波風呂(ジャグジー)、寝湯、低温湯(ほぼ水風呂)、薬湯風呂
行ってみたら今まで何度も通ったことのある道から少し入ったとこにありました。
入っていく道が、なんでこうなった?と思うレイアウトで、途中から道が細くて、まっすぐに温泉には行けず、テニスコートが温泉と入り口の道路のど真ん中にあり、テニスコートをぐるっと迂回してたどり着きます。
20170624_153950           (保養センターから入り口を振り返る)


20170624_153958          (保養センターの建物)

温泉の成分分析表です。
20170624_152300
すぐ近くに、芳賀のロマンの湯があるのでこっちの方がいいかな。

2017年6月22日 (木)

近くの温泉リスト

こんにちは

先週はお義母さんが栃木に来ていました。エスコートして行ったことのある温泉に行ってきましたので温泉レポートは無しです。

土曜日は高根沢の元気あっぷむら
日曜日は佐久山のきみの湯 (休憩の広間の混み方にびっくり)

さてさて、日帰り温泉リストが大体まとまりましたので発表します。
ででん!
Spring1
クリックして拡大して見てください。

左側の○は私が行ったことがある温泉です。
色が黄色なのは温泉の成分分析表の写真からデータを移したものです。
温泉の分析結果は再分析して更新しているところもあるので、できるだけ検査日の新しいものを載せたつもりです。料金も改定がありますので多少違っているかもしれません。

一覧にしてみると場所による温泉の傾向がなんとなく見えてきますね。
そして、行ったことのない近場の温泉シリーズはまだまだ続きます(続くのかな?)

2017年6月11日 (日)

行ったことのない温泉シリーズ

こんにちは

今日は「道の駅きつれがわ 温泉&クアハウス」の温泉 荒川の湯に行ってきました。
近いですが行ってなかった温泉です。

避けていた理由は”道の駅自体が混雑しているから”です。
温泉の成分分析表は、これ
20170611_151243_2

やっぱり混んでいました。お風呂場には20名を超える人がいます。
内湯は大きなメイン浴槽、メインにつながっている寝湯X2、メインの中にジェット2か所、
外に出て露天、サウナ、ステンレス槽の水風呂があります。

クアハウスは水着着用なので今回はパス。

内湯は循環、露天は掛け流し。お湯は喜連川温泉スタンダードの透明薄茶緑のしょっぱいお湯です。あんまりぬるぬるはしません。
匂いは、ミネラルの臭い+軽い油臭+後ろの方に塩素消毒臭です。露天もかすかに塩素が入っていると思います。
内湯はあまり人気がなく人は少な目、露天とサウナが人気。サウナにはTVがありました。

街中にありますので、景色は空が見えるだけで囲まれた壁しか見えません。天井は高い(8mぐらい)ですが、風呂場の面積がそれほど広くなく(クアハウスまで含めれば広いのでしょうが)、壁が高いので閉鎖的に感じます。
利用しやすい場所にあるので利便性はいいですが、情緒がないのがおしいところ。


前回のブログに書いたベルセルバに電話して日帰り温泉をやっているか聞いてみました。やっているとのこと、ただ、17:00~とのことでちょっと遅くて行くのを悩みますね。空が明るい時にお風呂に入りたいから。
同じく喜連川CCにも聞いたところ、日帰りOK、こちらは18:00~


行ってみたかった温泉に、小川温泉 森林の湯があります。
栃木県小川町薬利にあったマイナーな温泉ですが閉鎖されたようです。
本当に温泉があるのか不安になる舗装されていない脇道を500m~1km行った先にあった森の中の温泉のようです。どこにあったかが住所と地図では確定できませんでした。
行ったことのある方のブログで「県道から脇道に入る矢印の看板だけが頼り」とあったのでグーグルのストリートビューで探してみましたが、今はもう看板はありません。しつこく探していると、脇道に入った民家の脇の草むらの中に緑色の案内看板の一部が横倒しに写っているのを発見。
ああ、この先にあったんだなと確信しました。
しかし、そこを航空写真で探してみたんですが、それでもやっぱり跡地がよくわからなかったです。


2017年6月10日 (土)

行ったことのない温泉シリーズ

こんにちは

今日は、まだ行った事がなかった、「かんぽの宿 栃木喜連川温泉」に行ってきました。

小高い山の上に建つ施設です。日帰り入浴は700円。近辺の日帰り入浴料金のアベレージが500円ぐらいとすると少し高いですね。
ホテルの印象ですが、新しくはありませんが、きっちり管理されていて、清掃も行き届いていて清潔です。

大浴場へのエントランス
20170610_122251

脱衣所です。天井が高く明るいです。スペースも広いです。
20170610_122331
13時ごろ行きましたが、入浴している他の客は2~3人でした。規模からするとガラガラという感じ。
撮影禁止、カメラの持ち込み禁止の張り紙はなかった(と思う)ですが、お客さんもいましたので浴室の写真はありません。

日帰り温泉リストをまとめていると、温泉成分の詳細が見つからなかったり、分析日が古いのと新しいのがあったり、東日本大震災の前後では地殻変動で流出量や成分が変わっている温泉が結構あります。

最新の成分分析表の写真があると情報が確実なので、これからは必ず撮るようにしよう、と思い今回は撮ってきました。
20170610_122400_2
見えますかね。

温泉の感想です。
温泉は肌ざわりはぬるっとして、色は薄茶黄緑透明、匂いは岩、石膏の臭いと薄い油臭、味はやや塩っぱいです。
浴感は温まる温泉(食塩が濃いとそうらしい)湯から上がってもなかなか汗が引かないです。
20人は入れそうな大きなメイン浴槽ー薄茶緑の湯、4か所から泡が噴き出す泡風呂ー透明な湯、3人分の打たせ湯ー透明な湯、5人分の寝湯ー薄茶緑の湯、歩行浴、青緑色の石張りの露天風呂ー薄茶緑の湯

天井が高く女湯との天井続きで奥行きがあり、前面が総ガラス張りで浴場は開放的で明るいです。寝湯の上の天井は屋根がガラス張りで空が見え太陽の光が降り注ぎます。

カランは仕切り壁無しで、ずらずらといっぱいあります。20以上はあったかな?

床はオレンジ色の縞模様のある石で全部張られています。

ここの温泉は雰囲気がいいです。広い、明るい、清潔。700円でも納得かな。
お客様をもてなそうという気持ちが新しくはない宿を清潔に保っているのが肌感覚で感じられます。露天の庭木もきちんと手入れされています。

掛け流しではありませんがなかなか気分のいい温泉でした。

2017年6月 9日 (金)

行ってみたい近場の温泉

こんばんは

私の住んでいるところを中心に割と近い温泉の入浴料や泉質などをリストにまとめています。

リストをまとめるためにネットで調べていると、あまり情報が出ていない温泉が見つかります。
穴場としてはゴルフ場が温泉を持っていて、それを日帰り温泉として開放しているケースです。

少し入浴料が高かったりしますが、アメニティの充実や清潔さなどで十分満足感が得られます。

行きたい候補は、

喜連川 ベルセルバカントリークラブ
喜連川 喜連川カントリークラブ

行きたかったなあと思うのは、ロペ倶楽部のゴルフ場の敷地中にあったという権現の湯です。

ここは豊富な温泉をクラブハウスとは別に少し分けて、地元の人や従業員が入れる知る人ぞ知る無人のボランティア管理の温泉だったようです。が、東日本大震災で損傷して撤去されてしまったようです。



日帰り温泉リストをまとめてみますと、温泉地として有名な日光、鬼怒川、川治、那須塩原、湯西川は除いて、また、住んでいるところから遠い鹿沼、小山あたりも除いても、近場で50ヶ所以上の日帰り温泉があることがわかりました。

まだまだ、行ったことのない日帰り温泉巡りは楽しめそうです。

11           (野生の心を失った猫 ケイシー)


財布のコバ磨き

こんばんは

手に入れたばかりの財布ですが、仕上げがちょっと気になったのでコバを整えてみました。
神経質ということではないのですが、やりたかったのです。

コバが荒れてきたときの補修も同じです。


20170608_235110
ビフォーアフターがないのでわかりにくいです。ごめんなさい。

やりかたですが、
①コバの凸凹をサンドペーパー(#400~1000ぐらい)で気の済むまで均します。
②木工ボンドを水で薄めて溶きます。かなり薄めでOK
③指にとってコバをなぞり濡らします。
④乾ききらないうちにネルや木綿の布で磨きます。

結構簡単にできますよ。



2017年6月 6日 (火)

気になる車

こんにちは

愛車の水漏れ(2回目)の件は、大事にならずに修理を終え、戻ってきました。

前回の水漏れは漏れたところが悪く、1か月以上入院していましたので、スピード修理で本当に良かったです。

このブログではあまり車の事は書いたりしませんでしたが、今、私の乗ってみたい車を挙げてみたいと思います。(所有したい車というより、一度乗ってみたいという程度の浅くて薄っぺらい思いです)

<キャディラック CT6>

リンク : http://www.cadillacjapan.com/ct6/model-overview.html

最近発売した新型です。
左ハンドルしかラインナップされていないのがちょっと嫌ですが、新しい時代のアメ車であり、欧州車や日本車とは違う感性で作られたものが、どんな感じなのか乗ってみたいです。

<オースチンヒーレー 100/4 BN1>

リンク : http://ichiba.geocities.jp/seiyaa_desk/1/bn1-seiyaandou.html

もうクラシックカーですが、なんといっても美しい。特に後ろ斜めからのショットが最高。
6気筒版の 100/6 BN4 もいいですねぇ。高嶺の花。
見ているだけなのと所有して維持するのは全然大変さが違うんでしょうねぇ。
そのほかにはMGミジェットやMG-Bもカッコいいです~。

<バモスホンダ>

リンク : http://www.stnv.net/mei/h_vamos.htm
ホンダ バモスじゃなくてバモスホンダ。初代のバモスです。もうこんな車出てこないでしょうね。ゴルフカートのような格好です。結構欲しかったりします。
まだ中古車として何台かでていて買えます。ということを嫁に行ったら「そんなん買ってなにすんの(ちょっと怒り)」といわれました、が、ごもっともです。


と色々書きましたが今の自分の車が気にっていますので、壊れるまで乗るんでしょうな。

31               (我が家のアイドル ポンくん)

財布のお手入れ

こんにちは

今まで使っていた財布のお手入れの話です。(これからも使っていく予定です)
3年ぐらい使ったのかな?よく覚えていません。
ダークグリーンのブライドルの革財布。手入れするようになったのは最近です。

20170605_213648
常に持ち歩いているのでジーパンのポケットにも入れたりします。形が崩れるのでよくないのはわかっているんですけどね。
手入れと言ってもたまにクリームで拭くだけ。使っているのはモゥブレイのアニリンカーフクリームです。
蝋成分が入っているので艶が出ます。元々艶のある革には適していると思います。
内側はヌメ革なので、このクリームでは拭かない方がいいです。変な艶が出て気持ち悪いです。

20170605_213821

分厚い財布は好きじゃないのでカード類は最低限にしています。免許証、健康保険証、キャッシュカード、クレジットカードの4枚を入れています。
一度鞄の中で、一緒に入れていた水筒の中のコーヒーが漏れてびしょ濡れになりました。
水でザブ洗いしてリカバリーしましたが、目立つシミにならずに済みました。

とりとめのない話でしたが、ま、そんなところです。

この財布はこの財布で気に入っていますのでまだまだ使い続けます。

2017年6月 4日 (日)

近くの日帰り温泉シリーズ

こんにちは。

今日は先週たまたま通りがかって気になっていた、「那須野ヶ原 ベルビューホテル 玉藻の湯」に行ってきました。

入浴料は550円 那須野ヶ原カントリークラブのゴルフ客も使っていましたね。
利用時間は少し遅めの14:00~21:00です。15時ごろに行きました。

20170604_161110
(帰り道でホテルから出たところで撮った写真。天然温泉の幟が立っています)

内風呂は2つあり、石張りの大きな湯船と、そのとなりにぬるめのジャグジーがありました。
露天は、内風呂からガラス戸の敷居をまたいで外に出て行ったところにあります。岩組のお風呂でした。ちょっと熱め。

泉質は食塩高温泉(弱アルカリ食塩高張泉)です。泉温は57℃
温泉をなめてみるとかなりしょっぱくて、少しエグ味があります。
それほどアルカリではないのであまりヌルヌルしないです。
浴感は身体が温まって汗が引かない感じです。
かけ流しなんですが、湯温調整のため、泉温が高温だからでしょうか、お湯の投入量が少ないのが残念です。たくさん入れてしまうと夏は熱くなりすぎるのでしょう。

サウナもありました。だれも入る人がいなくて独占でした。
サウナ室の中に時計がありません。壁に砂時計があったんですが何分計かが書いてありません。3分計かなと思い3回ひっくり返しました。3回目に結構しんどくなってきて、よ~く見ると5分計とうっすら読めます。15分入りました。

サウナって何分ぐらい入りますか?
私は10分ぐらいです。
あと、水風呂はなくて残念、シャワーでした。

ホテルのホームページの浴室の写真はすごく洋風で期待していきましたが、それは女風呂で男風呂はタイルと石張りの普通な感じでしたね。

お湯は栃木では珍しい泉質なので、たまに行くのがいいかな、鄙びた感じはあまりないです。☆2.0ぐらい(超適当)

喜連川の道の駅にも寄ったんですが、相変わらず混んでます。
昼食にあさの牧場の豚丼をたべ、農産物直売場で山椒の実を買いました。

2017年6月 3日 (土)

登場猫の紹介

こんにちは、バジミン旦那です。

いちいち名乗っていたのは、嫁のブログだったので、誰が書いたかわかりやすくするために私が書いたブログは名乗っていました。でも内容が明らかに違うので名乗らなくてもいいのかなとも思ってます。

さて、このブログに登場する我が家の5匹の猫の紹介を改めてします。
Img_5998

古参順に、手前左 「ミント」
出自 保護された猫が生んだ子猫
愛称 ミンタン、姫
性別 ♀
外見 キジトラでアゴ、胸、お腹が白、両手両足に白いソックス
体重 軽い
性格 我が道を行く、無関心、猫とは思えないほどどんくさい、もししゃべれたらいうであろう言葉「別に..」
好きなもの レジ袋の持ち手とビニールひも(何が美味しいんだか呑み込んでしまう)
その他 掃除している時どいてくれないので掃除機の先でツンツンしてどいて頂く

2番手、右奥 「ケイシー」
出自 皮膚病でブリーダーが放棄
愛称 特になし、たまにケイシー君、里親さんがバイクライダーのケイシーストーナーから命名
性別 ♂
外見 太ったアビシニアン(茶)、脂ぎって毛が艶々、後ろ足の爪が出っぱなしで歩くとチャカチャカいう
体重 ヘビー級
性格 ビビリ、食いしん坊、猫とは思えないほど人見知りしない
好きなもの 好き嫌いなし、人間が食べているものは一度食べてみたいと思っている
その他 牙が1本折れている、最近の検診で歯がほとんどないことが判明、脂ぎっていて耳の中が汚い。ウンコが柔らかくて異様に臭い、これ以上体重が増えると机の上に飛び乗れなくなる

3番手、手前右 「ポンポン」
出自 私の会社の近くの道路を仔猫一人で歩いていたのを嫁が保護
愛称 ポン君、ポン吉
性別 ♂
外見 典型的キジトラ、仔猫で保護した時には片目が瞬膜と癒着しているが見えているらしく本人は全く不便ではない模様
体重 標準体重、太らない体質
性格 いたずら大好き、常に面白いことはないか探している、抱っこは拒絶する、社交的で誰とも仲良し
好きなもの キャットフードのドライしか食べない、ウェットをあげても砂掛けする、人間の食べ物には全く興味なし
その他 人が寝ている上から置物を落とさないで欲しい、当たり所が悪かったら死ぬよ

4番手、「シロ」 下の写真
出自 野良猫の子猫、親がいなくなって保護、里親をしたとき譲渡会であまりのやる気のなさにより売れ残り
愛称 シーチャン、シーシー(本名のシロで呼ぶことはない)
性別 ♀
外見 ほぼ白、頭としっぽにキジトラ柄がある
体重 骨太の家系なのでがっしりしていて体重は重め、太ってはいない
性格 人見知り、私にだけは甘えん坊、他の猫とは距離を置く(ポン君だけは気にしない)、シャーシャーいいながらコッチンを毛づくろいしてあげることもある、性格が悪い、通りざまに猫パンチをくらわす
好きなもの 卵のカラ、トウモロコシおよびトウモロコシの芯
その他 細く滑らかな被毛をしている、黒い服だと白い毛が一杯ついてえらいことになる

5番手、左手奥 「ココ」
出自 多頭飼い崩壊現場から保護、3匹を里親したが、なぜかご縁がなかったので我が家の猫になった
愛称 コッチン
性別 ♀
外見 黒猫
体重 着やせするタイプ
性格 超ウルトラスーパービビリ、家人以外の人がくると引きこもって姿が見えなくなる。
好きなもの ミント(親だと思っている)、水槽の魚にガラス越しに飛び掛かること
61

«壊れたもの、直したもの、買い替えたもの