2017年8月 7日 (月)

温泉で指輪が変色

先週は、我が家の猫シーちゃんの兄妹のジロの里親のくろむつじろさんのお誘いで夜の夜中に遠出をして、湯西川の共同浴場と、木賊(とくさ)温泉の共同浴場に行ってきました。

温泉レポートは次回に書くとして、お家に帰ってきて気が付いたんですが、近場の温泉では変色しなかった指輪が変色したことを書きますね。

私が普段している指輪は、結婚指輪....ではなく、仕事の関係で金属の拡散接合を学ぶために自分で作った指輪です。

太って結婚指輪がきつくなったということもありますが。(20号だけどきつくて作ったのは21号)

拡散接合は異種、同種の金属を溶かさずに引っ付ける技術です。

昔から伝統工芸としてあったもので、金属の清浄な面を隣り合わせ、圧力と熱でお互いの分子同士を結合させて接合させるものです。

指輪の素材は銀、銅、赤銅(銅と金の合金)でミルフィーユのような地金を作り年輪の様な模様を作り出します。木目金(もくめがね)といいます。さらに煮色という後処理で、銀は銀色、銅は赤、赤銅は紺色になり
より年輪がくっきりします。
銀は温泉成分の硫黄で硫化銀になって黒くなります。
温泉後、こんな感じになりました。
20170807_220852
真っ黒です。
これを元に戻すのは、塩を入れた水にアルミホイルを浸し、熱して指輪をアルミホイルに接触させるとイオン化傾向によってアルミが溶け出し硫化銀が還元されて銀に戻ります。
20170807_223953

すべての酸化膜が還元されてしまったので元々の金属の色になって年輪模様も目立たなくなってしまいました。
そのうち銅は酸化して赤くなってくるでしょう。なるのかな?
興味のある方は「木目金」で検索してみてください。
指輪制作時にインストラクターの方に聞いたところ、伝統工芸も美大で化学的に体系化されているようです。

理科の実験のコーナーでございました。おわり。

2017年8月 4日 (金)

行ったことのない近場の日帰り温泉シリーズ

先週の日曜日は、お昼を宇都宮駅の中の立ち食い寿司を食べに行き、その足で宇都宮天然温泉ゆららに行ってきました。

入浴料は土日祝700円平日600円。
温泉の成分表はこれです。
20170730_140206
街中にある温泉でわびさびはありませんが、テレビの設置が多いことが特徴。
内風呂に1台、広いサウナに2台、露天風呂に1台。新婚さんいらっしゃいを見ながら長湯してしまいました。
飲むなと書いてあるお湯を味わうとかすかな塩味。他に香りとかはあまりよくわからなかったです。壺湯以外は循環かな。
もう一つの特徴は、リラックス処というカウチが並べられたフロアがあり、そこには漫画喫茶顔負けのコミックが置いてあること。
私がそこに行ったときには既に満席。コミックを持ち出して別フロアのハンモックでマンガを読み帰ってきました。
漫画喫茶に行く気分でお風呂まで入れちゃうのでお得な感じがしますね。
1日暇なときはまた行こうかな。

2017年8月 3日 (木)

もう近場と言えなくなってきた行ったことのない日帰り温泉

先週の土曜日におもて那須手形を使って那須塩原のホテルニュー塩原へ日帰り温泉に行ってきました。

20170729_165605
CMのジングル、ホテルニュ~しおばら~っていうのが頭の中に浮かんで車の中で一人で口ずさんでいます。少し遠かったです。片道約50km

14時ごろに行ったのですが、もう駐車場には宿泊客の車が一杯停まっています。
バイキングとコスパで人気のようです。小さい子供がいる家族連れが多いようです。もう夏休みか。

ロビーのフロントで受付。日帰り入浴専用のカウンターがありました。
ホテルが大きいので館内地図を頂きます。棟が3つあり、それぞれに浴場があります。
もちろん3つとも入る気満々です。

まずは一番人気の湯仙峡へ入浴時間は6:00~24:00
崖に建っているので西館2Fのロビーからエレベーターで地下1Fへ
虹の架け橋という渡り廊下で箒川の向こう岸の湯仙峡へ渡ります。
20170729_143452_3                 虹の架け橋↑ 
渡ったところが4Fでエレベーターで地下1Fに降りればそこが浴場。
20170729_143552_3
お部屋のチェックインは15:00らしく、ロビーは人が一杯でしたがお部屋への案内待ちの状態でお風呂に来る人はほとんどいません。

下駄箱がこんな感じ。

20170729_143649
私の靴だけ。
温泉分析表
20170729_153003
お風呂の見取り図
20170729_153032_2
お湯の味をみようとお湯をすくおうとしましたが熱くて無理!
貸し切り状態のお風呂を堪能し、サウナも入って一旦服を着て次の浴場へ。

西館の大浴場へ。入浴時間は15:00~24:00。
壁に組んだ一面の岩からゴウゴウとお湯が流れ落ちています。
ここにもサウナがあるのでもちろん入ります。このころになると泊り客は客室に入りお風呂にやってきますのでだんだん混んできました。

さらに服を着て、B&H(ビューティー&ヘルシー)館の浴場へ。ここは少し小さいです。プールがあるのでプール上がりの子供がたくさん入っていました。そしてサウナがあるので入ります。

源泉はすべて同じということです。
3つはしご湯して疲れました。もう一軒まわろうと思っていましたが疲れました。
ホテルの温泉もなかなかいいもんです。広々、大きいのがいいですね。

虹の架け橋を渡っている時、箒川で何かの撮影をしていました。小雨降る中モデルさんもカメラマンもずぶ濡れです。ご苦労様です。
20170729_143331               川の右奥で撮影中↑
20170729_143317
題して「ホテルニュー塩原をバックに雨の中水浴びをするあきたこまちの米袋の女」

2017年7月24日 (月)

この夏初めて買ったスイカ

農産物直売場へ行ったら見慣れないスイカがあったので、ついつい買ってしまいました。

今シーズン、丸ごとのスイカを買ったのはこれが最初です。
スイカは出始めでそれほど多くは並んでいませんでした。
1個だけあった薄緑のスイカ。
皮の模様が珍しかったので、レコードのジャケ買いよろしく見た目買いです。

20170724_092922
縞のないスイカです。7kgって書いてありました。
切ってみるとこんな感じです。

20170724_165227
品種が書いてなかったので調べてみました。外国のスイカでチャールストングレイってやつと思われます。多分。種が大きいと書いてあって、実際大きかったので。

そんなスイカをなぜこの栃木の田舎で作ろうと思ったのか。
商売で出荷しようと作ったのではなくてお試しに作ってみたんでしょうかね?

お味の方は日本の品種改良されたスイカのように劇的に甘くはなく、さわやかな甘さです。
変わったものが好きな私でした。

猫の様子

何気に撮った日常のネコ

20170724_092832

20170724_1700120

20170724_170200_2

20170724_170208

20170724_170237

黒猫コッチンは他の猫とワチャワチャするのが好きでないので写らないのです。

行ったことのない近場の日帰り温泉シリーズ

こんにちは

今週は大田原の「パインズ温泉ホテル大田原」に行ってきました。

いつもは、温泉の成分分析表を載せるんですが、写真を撮るのを忘れちゃいました。
おもて那須手形を買って、そのまま入浴です。
スポーツジムと併設したお風呂なので、お風呂は簡素な造りです。
広めの主浴槽、広めなサウナ、2人入れる水風呂。別にシャワーブースもありました。
お湯はアルカリ単純泉で、やわらかい浴感でした。飲むなと表示のあった流れ込みのお湯はたぶん源泉で、味はほとんどなし、かすかに硫黄臭がします。
お湯は浴槽の色なのか薄紫、というか小豆色にみえます。
たしか、成分はナトリウムー塩素、炭酸水素だったかな、さっぱりした感じです。
受付から広いロッカー、その先に小さい脱衣所、そしてお風呂ですが、どこで服を脱ぐのか迷いました。ロッカーは普通の脱衣所で、その先の脱衣所は籐のカゴがあるだけ。
ジム、プールがあるので水着などの荷物はロッカーに置いて、タオルを持って脱衣所へってことなんでしょうね。
私はロッカーで全部脱ぎましたけどね。
露天風呂がなく、窓もなくて開放感がないのでゆっくりしたいのなら、違うところの温泉がいいかな。

ボディバッグ

こんにちは

夏になると、薄着になってポケットが少なくなり、小物の携帯に困ります。

・お財布
・小銭入れ
・電話
・アイコス
・アイコスのカートリッジ
・車と家の鍵
・メガネケース(老眼ではなく乱視なので運転用←いいわけ)
若い時を思うと持つものが多くなった....

と、いうわけでバッグを持とうと思ってクラッチバッグがあるのでそれを使おうとしたのですが、嫁曰く、集金のおじさんになるといわれました。

おじさんなので仕方ないじゃん、と思いつつ、クラッチバッグは一回りしてリバイバルしているらしいと聞きかじりの知識で対抗してみました。

「クラッチバッグを持ったことのない若者がファッションとしてクラッチバッグを持っている。
一回りして流行っているのは若者であり、流行っていたとしてもおじさんが持ったら、やはり集金のおじさんである。」とのこと。

左様ですか。じゃあどうすればいいんでしょう、ということでボディバッグを買うことにしました。

ボディバッグがどの程度市民権を得ているのか知らなかった私は、つい最近飲み会に行くた機会があり普段あまり乗らない電車で若者からおじさんまでのボディバッグ率を観察して衝撃を受けました。
みんな持ってる.....

普段はボーっと電車に乗っている私は注意深く周りをキョロキョロ見渡していたので変なおじさんになっていたことでしょう。

黒、こげ茶、紺、赤、キャメルの色がありましたが、嫁おすすめの赤と私の好みのキャメルを迷った結果、無難なキャメルにしました。冒険できないお年頃なのかな。
20170724_165900
写真のイメージでキャメルはもっと黄色っぽいと思いましたが結構茶色でした。
なんでもポイポイ放り込んでお出掛けできるので楽です。
赤(多分ワインレッドの様な落ち着いた赤)でもよかったかな。

お・も・て・那須手形

こんにちは

日帰り温泉で、大田原、那須、那須塩原、板室方面の温泉をお得に利用できるクーポン集が販売されていることに最近気が付きました。

(もっと早く気が付けばよかった....)

これです。
2日前に手に入れました。1080円
20170724_170545
これって温泉巡りする人にはかなりお得です。
22施設の日帰り温泉から7か所無料で入れます。
入浴料は500円~800円ぐらいなので2か所入れば元は取れちゃいます。
その他には、アクティビティ、観光、食事、お土産のクーポンがついています。

1年間有効なので、今後は那須方面へも足を延ばしていってきます。

どのくらいの距離感かな?と思って、ちょっと前におさがわせ騒動のあったホテルニュー塩原までの時間を調べてみたら1時間ぐらいでした。
十分近場の温泉といって良いと思います。いいのかな?

2017年7月19日 (水)

行ったことのない近場の日帰り温泉シリーズ

こんばんは

先々週は、行ったことのあるベルモールのさくらの湯に行ったため、ブログをかきませんでしたが、今週はインターパークの「ふくろう乃湯」に初めて行ってきました。

温泉の成分分析表
20170715_184022

入浴料は少しお高めの土日は950円
土曜日でも割合と空いていましたね。
ショッピングモールのど真ん中にあるので壁が高く、開放感は少ないです。
主浴槽、ジェットバス、寝湯、露天、壺湯、座湯、大きな水風呂などなど色々な湯船があります。
サウナは、ロウリュウサウナ、ドライサウナの2つがありました。何が違うのかわからず。
お湯は無色透明、あまり匂いもせず。
出来て1年の新しい施設です。

残念なところは、
・循環ですが湯使いが少ない。お湯があふれている浴槽がない。
壺湯でも最初だけあふれて後はお湯張りが下がっていく。温度制御なのかお湯が止まる。
・駐車場が変な動線
・下駄箱が変な動線(下駄箱が自動ドアの向こうにあり靴を手に持って施設に入っていく)
・浴場に壁が多く開放感があまりない
造りのせいなのか、なんなのか、なんとなくゆったりできません。
近くにベルモールのさくらの湯があるので同じ値段ならさくらの湯の方が楽しめます。
お湯に温泉感もあるしね。
最近知った情報
大田原、矢板、那須方面の温泉が1080円で7か所入れるクーポン集が観光協会から売られているのを知りました。次回はそのクーポンの紹介を(まだ買ってない)

ではまた。

2017年7月15日 (土)

パソコンを棄てる前の準備

こんにちは

最近、バジミン(嫁)が片づけブーム、片づけ祭り、のようです。

ずっと前に調子が悪くなって買い替えた旧いパソコンがとりあえず捨てずに置いてあったんですが、ウォークインクローゼットの整理で邪魔になりようやく棄てることになりました。

色々通販とかで使用したり、パスワードとか写真とかのデータが残っています。
棄ててから悪用されないようにハードディスクのデータを消します。
普通は、ダミーのデータを上書きしてから、消去します。
データを削除しただけでは、データ自体はハードディスク上に残っていて復元できてしまいます。データの場所を示す、本で例えれば目次だけ削除するだけなので、本文自体は残っている状態なのです。

ただ、このパソコンは立ち上がるかどうか怪しいです。
なので、物理的にハードディスクを破壊することにしました。
パソコンには詳しくないですが、どれがハードディスクかぐらいは判ります。
20170715_092112
筐体を開けます。
壊すための分解なので気分的に楽ですね。

次に、ハードディスクを取り出します。
20170715_092749

さらに、ハードディスクを分解してカバーを開けて、HDDのディスク面に傷を付けて物理的に破壊します。蓋を開けて外気に触れただけでホコリや湿気、触った手の脂などで正常には動かなさそうな精密部品の凄味がありますね。

さて、準備はOKです。
ところでパソコンはどうやって棄てればいいんでしょう。粗大ごみ?廃家電?

今から調べてみます。

«行ったことのない近場の日帰り温泉シリーズ